2007年04月14日

飛翔した日

小学生の頃は 
毎日、自転車に乗っていた。
ある日のこと。
近所の友達と遊んだ帰り道、
いつしか 競走になっていた。

そいつは年下だったけど、
段々、身体がが大きくなってきて、
“こいつには 負けちゃいけない”
きっと そう思ってた。

空気を一杯吸い込んで
息を止めて、目をつぶって、
ペダルを力一杯蹴りつけた。

身体が 一瞬無重力になり、
勝った、と思った 次の瞬間。
心臓も止まりそうな
 冷たい奈落の底へ。

思わず 目を開けて見上げると、
色の無い 灰色の水の中に
太陽が滲んで見えた。

暦は正月を越えた頃。自転車ごと どぶに落ちた俺は、それでも やせ我慢して、平気なフリをしていたけど、本当はとても寒かった。

どんなに必死でも、目は開いてないといけない。
 多分、 そのときに会得した。

posted by 成記 at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。