2010年09月04日

女性化社会とフナの話

世の中はめまぐるしく変わってゆく。
その加速度に着いていけなくなることは、とりもなおさず年をとったということだろう。
今や日本も含め世界中が女性化している。
弊害もあるが弱者を守る意識が向上しているのは良いことだ。


人間など遅いぐらいで動物達の世界では女性主導は当り前だ。
ハチやアリなどはあれだけの数がいる巣の中でオスは3,4匹しかいない。
後は卵を産むのも巣を守るのも餌を集めるのもメスだ。
ハタラキバチの針が産卵管が変化したものであることはよく知られている。


魚にも女性主導の世界がある。
フナというと一種類しかいないと思ってる方もいるだろうが、意外と亜種が存在する。
マブナという魚は実はいなくて、マブナと呼ばれているのはギンブナとキンブナ。
キンブナは少なくなっているので目にするフナはほとんどギンブナだろう。

ギンブナは昔から女性化社会。
なぜならギンブナにはオスはほとんどいないのだ。
オスは絶滅しているといってしまってもいいぐらい稀にしか見つからない。
では、どうやって種を存続させているのかという疑問が沸いたはず。
実はギンブナは他の魚の精子で受精するのだ。
しかも雑種が生まれることはほとんど無い。
生まれてくるのは純血のギンブナだ。
詳しく語るとややこしくて面白くないので省くが、ギンブナは染色体が特殊で他の血が混じらないシステムを持っている。
生まれてくる仔は必ず卵を産んだ母魚と同じ遺伝子を持っている。
つまりクローンだ。


フナにも種類があると書いた。
ニゴロブナは鮒寿司の原料となる魚だが、絶滅が危惧されているので琵琶湖の漁協も自主規制で小さい個体は取ってはいけないこととしている。
その為、今は安い鮒寿司はゲンゴロウブナやギンブナを鮒寿司に使用する。
イギリスではクローン牛が販売されたことに議論が沸き起こっているが、日本ではすでにクローンの魚を食べていたと言うことだ。


小ブナ釣りしなどと言うと、昔懐かしく里山を思い浮かべる人も多いと思う。
が、実はギンブナは人間よりもずっと昔からクローン化と女性化社会を確立していたわけだ。
人間社会もこのまま進むといずれクローン人間も現れるかもしれない。
そうなると“男はもう要らないわ”なんて社会が来るのも馬鹿な俺のたわごとではなくなるかもしれない。




 

posted by 成記 at 00:41| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コイとフナの違いすら、「大きさ?」としか説明出来ないワタシ。
フナの繁殖についてなんて知るわけもなく、勉強になりました。
やっぱり、成記さんは生物の先生みたい。
それも授業の半分くらい脱線した話で、そっちの方が面白い先生ネ。

コイとフナの違いも分かりませんが、コイとアイの違いも分からないままですw
Posted by a-ki_la at 2010年09月08日 20:57
to a-ki_la:
たまにはちょっと賢そうな事も書いてみようかな、なんて思ったけど、俺には向いてないみたい^^

フナに限らず動物っていろいろと面白い特性を持ってるよね。
ビックリしたり、時には気色悪かったり^^
Posted by 成記 at 2010年09月09日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161472904
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。